デジタル残留塩素センサー

  • CS5530D Digital Residual Chlorine Sensor

    CS5530Dデジタル残留塩素センサー

    定電圧主電極は、水中の残留塩素または次亜塩素酸を測定するために使用されます。定電圧測定法は、電極測定端で安定した電位を維持することであり、測定されたコンポーネントが異なれば、この電位の下で異なる電流強度が生成されます。これは、2つの白金電極と1つの参照電極で構成され、微小電流測定システムを形成します。測定電極を流れる水サンプル中の残留塩素または次亜塩素酸が消費されます。したがって、水サンプルは、測定中、測定電極を通って継続的に流れ続ける必要があります。